庭 ト 日陰 ト ジュラシック

古生代から現代に至るまで繁栄をつづけるシダ植物。

その独自のビジュアルやライフスタイル(生活環)は、なぜかココロ惹かれる。
面白い生き物だ。

いわゆるシダというと、日本(奈良)では背の低い草をイメージしやすいが、背の高い木のようなシダも、ある。

c0227239_11512319.jpg


ディクソニア アンタルクティカ
Dicksonia antarctica
常緑木生シダ


亜熱帯や熱帯の森でみられる木生シダは寒さに弱く、奈良の厳しい冬は越せないものが多い。

が、

こいつは寒さ・暑さにも強く、なんと庭植えできるのだ(@奈良で)。

いままでシュロや耐寒性のヤシなんかを駆使して、なんとかしてきた熱帯の雰囲気を、こいつを使えばさらに表現が広がる。

古生代的悠久の庭、もののけ姫的ファンタジー庭…
単体で植えて、シンボルツリー的につかってもいいだろう。

庭師にとっては夢の木生シダである。

店主 つやま

※注意
庭植えできますが、シダなんで、直射日光にあてるとチリチリパーマになります。
(強健なんで、葉っぱ枯れても、わりと復活しますが)
日陰でお水たっぷりがお好き。
[PR]

by msgardenstyle | 2011-06-27 12:09 | 樹木  

<< 極楽ノ 鳥ノ ヨウニ ドリコ と ドラコ >>